現在、データセンター事業者に代表される大規模なITインフラを持つ企業や研究機関などのエネルギーコストの割合は増加傾向にあります。エネルギー自給率が5%程度の日本においては、今後も予測されるエネルギーコストの増加をいかに抑えていくかが、重要な経営課題の一つとなっています。日々変化するIT運用においては、機能性、サービス、セキュリティ対策など、安定したシステム運用を継続的に管理、維持する必要があります。また同じようにITファシリティインフラも物理的、電気的、温度環境などを管理する必要があります。
「Advanced Infrastructure View」はこのようなITファシリティインフラに求められる安定性、効率性、経済性の課題に対して、運用管理の省力化を図りながら、お客様のニーズを実現するさまざまな機能をご提供いたします。
最新情報(Version 17.2)

PUE

PUE計算値、IT機器・付帯設備のグループ別消費電力量や割合を表示します。PUEの推移は折れ線グラフから確認できます。

レイアウト

スペース画面にはラック、空調機、UPS、PDUなどのレイアウトオブジェクトを自由に登録することができます。

ラックの搭載図

サーバーやネットワーク機器の定格電力や重量を登録して、ラックごとの定格電力の合計値や総重量を管理することができます。

ラックごとの消費電力

ラックごとの消費電力を計算して、ラック内の温度上昇や熱だまりを防ぎ、効率の良いIT機器の稼働環境を管理します。

トレンドグラフ

Zabbixで収集したサーバリソース、ネットワーク、温度、電力情報など、IT運用に必要な多種多様なアイテムのトレンドグラフを表示します。

レポート(帳票)

Zabbixのトレンドデータを利用し、日別、月別の集計レポートを作成します。アイテム合算値を集計することもできます(CSVファイル出力対応)。

障害イベントの管理

Zabbixの最新の障害情報を参照することができます。過去のイベントも参照することができます(CSVファイル出力対応)。

SNMPトラップ

Advanced Trap Receiverのイベントデータと連携して、SNMPトラップイベントの参照、および確認操作を行うことができます。

警報装置リスト

警子ちゃん(アイエスエイ様の商品)等の警告灯のステータスをリスト表示します。遠隔からクリア操作を行うこともできます。

app_cd Advanced Infrastructure Viewのトライアルをご希望される場合は、アプリケーションCDとトライアルライセンスをご提供いたします(アプリケーションCDの内容は弊社指定のサイトからダウンロードすることもできます)。トライアルライセンスはスタンダードライセンスと同じすべての機能を最大3ヶ月間ご利用いただけます。また後日スタンダードライセンスをご購入いただくことで、継続してご利用いただけます。

アプリケーションCDにはトライアル環境構築用の Dockerfile が含まれており、簡単にトライアルを始めることができます(動作確認済みホストOS: CentOS6, CentOS7, Debian8, Ubuntu14.04)。
ライセンスの種類(詳細は別途お問い合わせください

トライアル
(TRIAL)

評価版
(スタンダードと同じ機能)

有効期間:最大3ヶ月

広告表示あり

無償

リミテッド
(LIMITED)

機能限定版
(基本機能のみ)

有効期間:6ヶ月

広告表示あり

無償

スタンダード
(STANDARD)

通常版
(基本機能+プラグイン機能)

有効期間:1年

広告表示なし

有償