MIBブラウザ
Advanced Trap Receiver の MIBブラウザ(SNMPv1/v2c/v3対応)は、有償ライセンスのスタンダードエディションと無償ライセンスのリミテッドエディションでご利用いただけます。なお MIBオブジェクトの情報はMIBオブジェクトリストからも確認することができます。
MIBブラウザ
MIBオブジェクトはシンボル(例 .iso.org.dod.internet.mgmt.mib-2.system.sysDescr)、および数値(例 .1.3.6.1.2.1.1.1)タイプのOIDに加え、モジュール名とオブジェクト名(例 SNMPv2-MIB::sysDescr)を組み合わせたNet-SNMPのデフォルト出力形式に対応し、目的とするMIBオブジェクトを素早く簡単に検索することができます。
シンボル(Symbolic)
数値(Numeric)
モジュール名とオブジェクト名(MODULE::OBJECT)
snmpwalkを利用して、MIBオブジェクトの値を確認することもできます(CSVファイル出力対応)。
snmpwalk
snmpgetやsnmpsetを利用して、MIBオブジェクトの値の取得、設定も行えます。
snmpget
スタンダードエディションでは、受信トラップのイベント通知メールの本文にMIBオブジェクト用の置換パラメータ{MIB.DEFINITION}, {MIB.DESCRIPTION} などを設定することができます。これにより、トラップやバインド(VARBINDS)の内容と合わせて、それらのオブジェクト定義や説明をイベント通知メールから確認できるようになります。
*リミテッドエディションのMIBブラウザはスタンダードエディションと同様にMIBモジュール数(MIBファイル数)やMIBオブジェクト数などの利用制限はありません。
*リミテッドエディションの無償ライセンスは営利目的での利用、改変、再配布を不可とします。
さらに詳しい情報の提供を希望される場合は、こちらよりお申し込みください